やまゆり生活協同組合

0120-121-127 お気軽にお問い合わせください。(月〜金曜日の9:00〜17:00まで)

ニュース

7月商品検討委員会

2023年7月26日

「終わりのある支援を目指して」

特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールドの田中さんと小林さんにお越しいただきました。

ハンガー・フリー・ワールドは、家庭に眠っている書損じハガキや切手、CDなどを集めて(国内で換金され、寄付金となります)
アフリカやアジア地域で、飢餓に苦しんでいる人たちへの自立支援を行っている団体です。

今回は西アフリカにある、ブルキナファソという国への支援について、その活動内容をお聞きしました。

ブルキナファソでの活動は、終わりのある支援を目指してスタートし、栄養バランスのよい離乳食メニューの提案や調理方法の指導、また起業や財務管理の研修などを現地で16年間続け、今後は住民たちがその事業を引き継ぎ、自ら運営をしていくそうです。

現地の方のインタビューでは、最初に離乳食の栄養指導を受けた母親が、数年後に今度は指導する側として活躍されている姿を拝見しました。
書き損じのハガキたった一枚で、世界のどこかで誰かが笑顔になれる「きっかけをつくる」このシステムに、賛同したいと心から思いました。

お話の後、ブルキナファソのおもてなし料理『リ・グラ』をみんなで試食しました。




現地では普段、あまり口にすることがない贅沢品である揚げ魚と、野菜のトマトベースの煮込みごはんを食べながら、
その親しみ深い料理の味わいに、行ったことのないブルキナファソのことをもっと知りたいと思いました。

自分ができることから、行動を起こす。このような活動を通じて、やまゆりでも是非一緒に関わっていけたらと思っています。(報告/組合員理事・佐野)